クリエイターとスキル

会社に勤めていてつくづく実感したことがあります。

それは

「【感覚的】と【論理的】のスキルのバランスの大切さ」です。

グラフィックデザインの専門学校を出た私には、ちょっと変わった人だったり、とにかく感覚的なことを
「まあクリエイターだしなあ」と思ってみてきました。

WEB制作をはじめてつくづく
「それじゃやっていけないなあ」と思いました。

もちろん、それが正解の場合もあると思います。
たとえば圧倒的なスキルで、作るもので納得させられるほどの能力がある場合。
その作品自体に市場価値がある場合。
アーティストタイプの人。

対して

相手が望んでいる事を理解して問題を読み解いて解決方法を提示する、
そんな「WEB制作」の仕事では、アーティスト感覚ではやっていけないと思って
ビジネスの勉強を始めました。

WEBもグラフィックも、もしかしたら「アーティストタイプ」だけで大方の人がやっていけた時代があったのかもしれない、
でも、今求められている能力はそれじゃない、と感じています。

「クリエイターだから」はもう、言い訳にならない。

実際に会社でそういう勉強を教えてもらって実感しました。
このスキルは、当時居た会社の中だけでなくて、
私の人生に絶対に必要になる、と。

特に、WEBサイトは
「かっこよさ」や「可愛さ」「信頼できそう」などぱっと見た「イメージ」のデザインは、感覚的であって、
UI、つまり「使いやすさ」は論理的な能力。
もちろんサイトによりますが、どちらも欠かせない能力です。

そもそも、デザインを作ることと、マークアップやプログラミングは正反対のスキル。

そこにコンテンツ制作だったりマーケティングだったりデータ解析だったり、
「WEB制作」とか「WEBコンサル」と一言で言うけど
ものすごい色んな能力が要求される仕事だと思っています。

だからこそ、正解もないしビジネスそのものも学べるし

だから、私は会社を辞めてでもこの仕事をしたくて、今は楽しくて堪らないのです。