健康保険と年金 保険証が届く前に病院にいくときの対応

会社を辞めてとにかくすぐにやらなければいけないこと、それは健康保険と年金の切り替えです。
社会保険から国民健康保険に。厚生年金から国民年金に。

切り替えは近くの市役所出張所に行って、離職票出して、1枚ずつ指定された紙に名前や住所を書いて、はい、終わり。
5分でした。
離職票と年金手帳さえあれば大丈夫そうです。

あとは請求書を来るのを待つだけ・・・。

ここで注意点。
私の場合ですが、ピルを服用しています。
今週の金曜日には新しいピルを飲まなければいけない、という状況です。
もっと早く病院へ行けばよかったのですが、まあ、なってしまったのでそれはおいておいて。

保険の切り替えは完了しているけど、保険証がない。
この状態で病院へ行ったらどうなるのか?聞いてみました。

市役所での答えは、

「病院によって対応が違う」というものでした。

1.病院側が電話で確認を取り、3割負担で済む場合。
2.いったん全額支払い、1ヶ月以内に保険証を病院へもっていけば差額を返金される。
3.いったん全額支払い、役所にて返金手続き。この際診療報酬明細書(レセプト)というものが必要になるので、病院でもらっておく。

この3つのどれかだといわれました。

病院で電話で聞いてみると、私が行っている病院は、2の対応とのこと。
ただし、処方箋の薬は、薬局での対応になるので、
薬局によります、と言われたので、薬局に電話してみたところ、
同じく2の対応でした。

ただし、1ヶ月以内に保険証が届かない場合は、3の役所での手続きになる、ということ。

色々手続きが面倒ですが、保険に入らないと必要になったときさかのぼって請求されるという話もよく見ますので、
切り替えはさっさとやっちゃったほうがいいですね。