確定拠出年金の解約

前の会社で入っていました、確定拠出年金。401Kと呼ばれるものです。
企業に国が推奨している個人年金の制度。
この仕組みがまた面倒だったので、誰かのためになればと思い書き記しておきます。

この年金のメリットは

【税金免除】と
企業型年金の場合、【手数料は会社持ち】
であるということです。
とても良いものだとは思うのですが、会社をやめるとなると話しは変わってきます。




【確定拠出年金は、基本的には途中解約できない】

まず、これが大前提のようです。
解約するには条件があります。

【直ちに解約できる人】

1.60歳未満であること
2.企業型年金加入者でないこと
3.個人型年金の加入者となれる者でないこと
4.障害給付金の受給権者でないこと
5.掛金の通算拠出期間が3年以下であること(退職金等から確定拠出年金へ資産の移換があった場合には、その期間も含む)又は資産額が50万円以下であること
6.最後に企業型年金加入者又は個人型年金加入者の資格を喪失した日から起算して2年を経過していないこと

私の場合は、通産拠出期間が3年8ヶ月、合計15万ほどですので、5はセーフ。
金額か過ぎるとここで引っかかる場合があります。

ただし、

3.個人型年金の加入者となれる者でないこと

これ。ここです。
私が電話で説明を受けたのは、
【扶養に入っている】か、【国民年金の支払いが免除されている】
のどちらかの要件が当てはまらなければアウトでした。

よって、私は【直ちに解約は出来ない】という結論に。

【2年後に解約できる人】

私があてはまったのはこちら。

1.継続個人型年金運用指図者(企業型年金の加入者資格喪失後、企業型年金運用指図者又は個人型年金加入者となることなく個人型年金運用指図者となった方で、その申出をした日から起算して2年経過している方)であること。
2.確定拠出年金の障害給付金の受給権者ではないこと。
3.通算拠出期間が1ヵ月以上3年以下または個人別管理資産額が25万円以下であること。
4.継続個人型年金運用指図者となった日から起算して2年を経過していないこと。(*3)
5.企業型年金の加入者資格喪失時に脱退一時金を受給していないこと。

要するに、2年間 継続個人型年金運用指図者 となれば、2年後に上記を満たすため、解約できる可能性がある、ということでした。
(可能性がある、というのは、企業に就職して厚生年金に加入したり、障害給付金受給権者になったり、資産が25万円を越えたり、2年間で状況が変わる可能性がある、ということだと思います)

本当に意味のわからない仕組みなのですが、
その2年間 継続個人型年金運用指図者になると、運用のみで積み立てはできません。
2年間、ただただ手数料をお支払いください、というもの。

で、例えばこれを忘れていたら、実際もらえるまで手数料で掛け金なくなります。

この2年間の手数料は、
運用手数料が1年間で5000円。2年で10000円。(契約による)
継続個人型年金運用指図者に加入するのに(だっけな?)2770円。
解約するときの手数料が430円ほどで
大体13000円くらいかな、といわれました。

私の場合は、運用中に大きな変化がなければ、
150000-13000=137000円が2年後に戻ってきます。

なので、私のケースについてはそこまで大きな不満はありません。

一番怖いのが、

積立額が25万円越えて、扶養に入らず、転職するときにその企業が対応していない、または私のように独立する場合、
そして積み立てするお金の余裕がない場合、(私も安定するまでは積み立てより今の生活です)

単純に1年に5000円ずつ、溶けます。

だったら、最初から天引きで積み立てなんてしなかったのに、その分自分でためておけばよかった、なんてケースがありえるんじゃないかと思うんです。

【ただ、ちゃんと積み立て続ける人にはメリットがある】

そんな私の愚痴が会社の人にばれ、勉強しろと言われたようです(直接ではないですが)
いわく、手数料5000円より免除される税金の額のが高い。

このあたり詳しくないのですみません、わかりませんが、そうらしい、です。

なので他の個人年金で、65歳以上になったときのお金を純粋にためたいということなら、
さらに会社で入る企業型のものなら、とってもお得、というわけです。

ただ、ぎりぎり20代の私にとって、そんな先のことより今の生活なんです。
貯蓄は大切だと思います。ただし、下ろせないのが辛い。
そして積み立てができなくなったときに、手数料だけ取られるのも辛い。

なので、確定拠出年金に入られる方で、特に会社をやめるかも知れない方は、
ぜひこのあたりをしっかり理解したうえで入る事をお勧めします。

お得かどうかは人それぞれ

一つだけ感謝したいことは
これをきっかけに投資ということを少しだけ学べたことです。興味を持てたというか。

なので、余裕が出来たらこういう年金ではなく、きっと他に投資します。